事業体系

脳卒中等対策地域連携推進事業

【事業目的】

脳卒中等の発症により回復期病院から在宅生活へ移行する高齢者等に対し、リハビリ専門医等の指導に基づき適切なリハビリテーションを提供することにより、生活機能を回復させ寝たきり状態となることなく生活を送ることができるよう、地域医療再生基金を活用し、在宅リハビリテーション広域支援センターを運営する。

 

 

【概要】

かかりつけ医と地域におけるリハビリテーション関係機関(回復期病院、地域包括支援センター等)との連携を図り、専門医等の指導に基づき適切なリハビリテーションの指示や情報を提供することにより、患者・家族等への支援を行う。

 

  1. 地域における在宅リハビリテーションの相談業務
    リハビリテーション専門医等の指導による情報の提供

  2. 地域におけるリハビリテーション従事者の支援
    リハビリテーション従事者を対象にした、在宅リハなどに関する研修会の実施

  3. リハビリテーション関係機関・団体等からなる連絡協議会の開催
    リハビリテーション関係機関・団体等との連絡調整